メニュー
店舗一覧

パンとサーカス店長

木島 大樹

木島 大樹ビジュアル

個人戦ではなくチーム戦

今もゴールデン街で自分の店を経営していますが、そこは別のスタッフに任せて、仕事の幅を広げて経験を積むために「パンとサーカス」の店長をさせてもらっています。

同じ飲食でもやることは全く違いますね。自分一人でどうにかできる範囲じゃない。個人戦ではなくてチーム戦ですから、仲間のスキルアップや適性や得意不得意を見極めてコントロールしていくのが僕の仕事。ひとりひとり違うスタッフのモチベーションをどうやって上げていくか、その人が必要なものは何なのか考える。すべて勉強です。

オープンしたばかりで日々追われていますが、お客様に感動してもらえる店でありたいです。感動してもらうためにはどうすればいいか、スタッフのレベルや魅力的なメニューはもちろん、お客様が欲しているのは何なのかを考え続けています。

スタッフにも同じように、自分で考える力を養ってほしいですね。やらされている感がある限りは仕事は楽しめないものなので、そこにはやはり厳しさも必要だと思っています。

とにかく「パンとサーカス」は新しいお店なので、店が変わっていく様をお客さまにも楽しんでほしいですね。1年後2年後に昔話ができるような店にしたい。新宿三丁目は活気があるエリアなので、新規で来られるお客様にもどんどん店を知ってもらいながら、ゴールデン街のような常連さんも来れる店。

お客さまが店と人を愛してくれて、それに応えられるサービスと商品をつくっていきたいです。

このスタッフに会える店舗:

新宿肉区 パンとサーカス:

新宿肉区 パンとサーカスロゴ 新宿三丁目・刺激的な肉レストラン/Shinjyuku・Gibier Eatery
脳をハックする、
肉とワインのマリアージュ。

その他スタッフインタビュー: