MENU

【細グラマー】細いのに胸があるのはなぜ?痩せてても胸を大きくする方法はある?

2022 6/22
【細グラマー】細いのに胸があるのはなぜ?痩せてても胸を大きくする方法はある?

痩せているのにバストが大きい女性っていますよね。

みやのアイコン画像みや

私も細グラマーの体型にめっちゃ憧れています!

いわゆる「細グラマー」と呼ばれている人たちですが、細いのに胸があるのはなぜなのでしょうか?

胸の大きさはそもそも遺伝だと思っていましたが、それは半分本当で半分は嘘!

細グラマー女性の人たちは皆さん努力や正しい行動をしていました。

痩せているのに胸が大きい細グラマーになるための行動が5つあります。

  • 適切なサイズのブラ・ナイトブラをつける
  • バストケアマッサージをする
  • ヨガや筋トレをする
  • 食生活を見直す
  • 睡眠をしっかりとる

今回は、女性憧れの体系「細グラマー」になるために大切なこと、細グラマーになりたい人が絶対にしてはいけないNG行動を詳しく解説していきます。

「細グラマーになりたい」という方は是非最後まで読んでみてください。

目次

「細グラマー」って? 細いのに胸があるのはなぜ?

「細グラマー」とは、身体は細くて痩せているのにバストも大きい美ボディ体型の女性のことをいいます。

・身体の線が細い痩せている
・くびれがある
・バストは大きい

みやのアイコン画像みや

ボン・キュッ・ボン!というグラマラスな体型だよ。

男性にモテそうな体型ですが、実際には男性以上に女性の方が憧れている人が多いですよね。

みやのアイコン画像みや

でも、細グラマーさんは元々生まれ持っている遺伝による差が大きいのかな?

細グラマーは遺伝なの?

胸は脂肪で出来ているのでダイエットをして痩せると必然的に胸も小さくなってしまうことがあります。

でも、世の中には痩せてるのに胸のサイズも大きい人がたまにいますよね。

芸能人で例えるならば、女性から絶大な支持を集める「田中みな実さん」や「長澤まさみさん」などが挙げられます。

みやのアイコン画像みや

痩せているけど胸がある人って、もともとの遺伝が大きく関係しているんじゃないかな?

そう思っていましたし、遺伝の可能性があるものともいわれています。

ですが、それ以上にバストの大きさは『生活習慣』によって差が生まれるとも言われています↓↓↓

胸の大きさは遺伝だけでは決まらない。遺伝が胸に与える影響はだいたい2割程度。ほとんどは“食”“睡眠”“ストレス”といった生活習慣の影響が大きい。貧乳を親のせいしてはダメ。

— ♥ちょっと大人の恋の話♥ (@chotto_otona) May 19, 2022

みやのアイコン画像みや

実際のところ、私には姉がいるのですが、姉の方が細くてグラマー。遺伝だけが理由なら、同じ母から生まれたんだから私も姉と同じくらい胸が大きくて体型も細くても良いはずですよね。

努力は欠かせませんが、努力次第で痩せている人も、細グラマーの体型に近づくことが出来ますよ。

痩せてても胸が大きくなりたい!細グラマーになるための5つの秘訣!

①適切なサイズのブラ・ナイトブラを着用する

本来ブラは、バストラインを綺麗に見せたり、バストを支えて日常生活を快適にしたりするもの。

でもサイズ選びやつけ方が間違っていると、ブラ本来の役割が発揮できず、バストの位置が下がって見えてしまいます。

背中の肉(だけでなく、本当に周りのぜい肉全て)を取りこぼさないようにブラの中に入れる方法は、ブラを購入する際にランジェリーショップの店員さんにやっていただいた方法です。

その時に驚くほど胸の谷間が出来ましたよ♪

そして、バストは常に重力の影響を受けています。

就寝中にはナイトブラを着用しましょう。

仰向けや横向きで寝ていると、胸が脇に流れ、バストが広がり、形崩れが起きてしまいます。

ナイトブラを着用していると、脇に流れる胸を適切な位置に固定してくれ、流れるバスト支えることを目的として作られています。

バストは約90%が脂肪組織でできており、柔らかく流れやすいという特徴があります。

バストの脂肪を寝ている間もナイトブラで正しい位置にホールドすることによって、脂肪が正しい位置に定着させたいですね。

特にPM10:00~AM2:00は、成長ホルモンと女性ホルモンの分泌が盛んで、【バストのゴールデンタイム】とも呼ばれていますので、ナイトブラの着用は欠かせません。

ナイトブラを購入する前は必ず自分のサイズに合ったナイトブラを購入してくださいね。

サイズは大き過ぎるとカップの中でバストが動いてしまい、バストを支えるクーパー靱帯が伸びてしまいます。

また、小さすぎてもカップから胸のお肉が溢れ出し、脇や背中へ流れていってしまい、形が崩れてしまいます。

このような状態が続くとバストが垂れてしまう原因に。

胸だけではなく、脇下から背中までのホールドがしっかりしているナイトブラを選ぶのがコツです。

脇の下や背中から肉を寄せて、しっかりカップ内にしっかりおさめるように着用してくださいね。

②バストケアのマッサージをする

お風呂でのバストケア・リンパマッサージもおすすめです。

マッサージで血流を良くすることで、胸まわりがポカポカしてきます。

胸のまわりや脇、鎖骨まわり、二の腕のリンパをほぐして、脇の肉や二の腕に集まってしまった脂肪を胸に戻していきます。

マッサージにより、鎖骨の部分も脂肪が取れて美しい鎖骨が手に入れることができます。

③姿勢を綺麗に保つ

日常的に姿勢をキレイに保つことも大事です。

キレイな姿勢を保つメリットは2つあります。

ひとつめに、自然と大胸筋を使うようになることです。

バストには重さがあるため、常に重力がかかっている状態です。

大胸筋がしっかりバストを支えてくれていることで、バストは下垂せずキレイな状態を作ってくれます。

正しい姿勢を保つことで自然と筋力アップすることができます。

ふたつめに、バスト周辺の血行不良を防いでくれること。

バストが血行不良になると、バストに本来運ばれるはずであった栄養や女性ホルモンが減少することになります。

また、猫背になってしまうとバストは前や下に垂れるような状態なので、形が崩れてしまうことがあるようです。

④ヨガや筋トレをする

ヨガや筋トレ・ストレッチもおすすめです。

ヨガのポーズにはバストアップに欠かせない大胸筋を鍛えるポーズが沢山あります。

胸が垂れたり形が崩れる原因である猫背をなおしながら、胸の所の筋肉がついて高い位置に少しずつですが上がっていくと思います。

腕立て伏せなどの筋トレや、2Lのペットボトルを両手に持ち持ち上げたりするのもおすすめです。

グラマーに見えるように引き締める部位を中心に鍛えてみてください。

⑤睡眠をしっかりとる

バストアップのカギとなるのは、女性ホルモンと成長ホルモン。

これらのホルモンの分泌が促される時間帯に寝たり、良質な睡眠をとれるよう工夫しましょう。

NG行動

厳しい食事制限は行わない

食事制限や激しい運動はしないことです。

脂肪は無くなってほしくないところから無くなるので、極力揺らさず、食べる量も減らさないことが大切です。

猫背にならないようにする

猫背になると猫背だと血流悪くなります。

座っているときが特に猫背になりやすいため、座っている時は特に意識することが大事だと思います。

胸が内側に入り、胸が小さく見えてしまいます。バストアップには猫背が大敵だと考えています。

肩甲骨を解すと猫背改善にもなりますよ。

目次
閉じる